【公告:本站所有文字、圖片及影片,版權所有,請勿移作他用;引用連結請載明出處,謝謝!】


台湾烈士 許昭榮先生 の生涯

  許昭榮烈士は昭和3年11月13日、当時の高雄州潮州郡枋寮庄水寮で生まれました。12才の時に御尊父が逝去し、枋寮公学校を一時休学し牛飼として働きましたが、授業料が免除され、復学し、昭和15年に同校を卒業しました。この時、昭和15年、皇紀2600年で、乃木大将の枋寮上陸記念式典に参加したのを鮮明に覚えていると語っていました。卒業後は台南の薬局で働いていました。

  昭和19年、16才で帝国海軍特別志願兵第2期に応募し、20倍以上の難関を突破し、合格者2000名の一人に選ばれました。翌年海軍第112期「飛行整備科」終了後、第61海軍航空廠新竹分廠に配属され、新竹航空隊の沖縄特攻の「桜花」の出撃整備に従事しました。日本の敗戦後は帰郷し鉄工所に勤務していました。一時期、東港分廠にも派遣されました。

  昭和22年、20才の時に228事件が勃発しました。国民政府にとっては、旧敵国である日本の旧日本軍兵士、また、軍属に志願した台湾人は危険分子と見られていました。

  この時、蒋介石の国民党軍は大陸で国共内戦を戦っており、連戦連敗していました。蒋介石の海軍は賠償により接収した駆逐艦雪風(丹陽艦)などを主力に建軍途上にありました。艦艇の運用、機関整備など技術要員を必要としていました。また、陸軍は国共内戦の為に多くの訓練された陸兵が必要でした。

  許昭榮さんは、機関兵として蒋介石の海軍への入隊を強要されました。従わなければ「清郷(危険分子なので殺害)の対象とする」と脅迫され入隊せざるを得ませんでした。

  入隊後、山東省青島の軍官学校での訓練、前記の丹陽の機関兵として、共産軍との内戦に動員されました。

  長山島沖で、僚艦の誤射で許昭榮さんは同じ境遇の台湾人の親友を失います。この時の戦死者を長山島に埋葬しようとしたとき、共産軍の急襲を受け、埋葬途中に退却せざるを得なくなります。

  沖合に停泊する丹陽を目指した内火艇に乗艇しますが、これが沈没し、海上を漂流しましたが、救助され九死に一生を得て生還しました。

  同時期に国民党は旧帝国陸軍特別志願兵、元軍属を募兵します。日本軍より復員しても仕事の見つからない経済状況に有る者、また、甘言につられて募兵に応じた人数は約15000名と推定されます。蒋介石の軍は正確な統計が故意に隠蔽される事があり、正確な人数は不明です。

  蒋介石の海軍に徴兵された人数も不明ですが、海軍は自ら海上輸送能力があります。 この海軍に参加した台湾老兵の帰還者数は約400名であり、戦病死した若干名がこれに加わりますが、約15,000名の台湾老兵の圧倒的多数は陸兵でした。

  この1万5千人の台湾籍蒋介石軍兵士(台湾老兵)のその後は悲惨の一語に尽きます。国共内戦で戦死された方は約3,000名、残余の一万名以上は殆ど全員が、共産軍の捕虜となります。この共産軍に捕虜となった、台湾老兵は、昭和25年に勃発した朝鮮戦争に共産支那軍の一部として動員されます。この朝鮮戦争で、約6千名が戦死したと推定されます。からくも戦死を免れた台湾老兵を待っていたのは、大陸での文化大革命の狂気でした。

  この狂気の権力闘争の期間に反革命分子として迫害虐殺された台湾老兵の数は2000名以上と推定されます。平成4年の段階での許昭榮さんの大陸での調査では、約1000名が大陸で生存していたとのことです。

  許昭榮さんの晩年は、この生存する台湾老兵の台湾帰還運動、働き手を失った台湾老兵の家族の救済、補償要求運動、そして非戦運動に捧げられました。

  ともあれ、昭和24年国共内戦に敗北した蒋介石は台湾に逃れ、武装難民政権として白色恐怖支配を打ち立てます。

  国共内戦の戦闘より生還した許昭榮さんは蒋介石の海軍から逃れられず、軍務に服していました。その間、米国が供与したフリゲート艦接受要員として昭和23年米国に送られます。さらに昭和30年、2回目のフリゲート艦接受要員として渡米した際、廖文毅を首班とした台湾共和国臨時政府樹立のニュースをニューヨークで知ります。当時は「これこそ台湾の希望の道」と確信したとの事です。

  また、廖文毅台湾共和国臨時大統領が「台湾独立運動10年史」を出版したとの事、また、その梗概も報道されていました。

  米国より接受したフリゲート艦は、台湾への帰路、ハワイの真珠湾に帰港します。許 昭榮さんは横浜に在住していた叔父の許仕さんに連絡して、ホノルル在住の日系人の協力を得て、この廖文毅著「台湾独立運動10年史」を受取り、密かに台湾に持ち帰ることに成功しました。

  この廖文毅著「台湾独立運動10年史」は英文と日文で、台湾に広めるためには北京語に訳す必要があると左営海軍基地で仲間と密議し実行しようとします。しかし、これが、台東に帰省中の仲間の不注意で露見し、国家反逆罪で徒刑10年の判決を受け緑島送りとなります。

  昭和43年刑期を終え出獄し、名古屋が本社の日本のミシン会社に技術課長として就職します。蒋介石の特務機関は許昭榮さんを、政治犯としての監視だけならまだしも、就職、居住の妨害、そして、勤務先に対する賄賂の要求など理不尽な行為を繰り返します。

  昭和47年、輸出製品に Made in ROC (中華民国)ではなく、Made in Republic of Taiwan(台湾共和国製)と下請け業者がマーキングしてしまいます。これが元で、逮捕され4ヶ月間拘禁され、拷問を受けますが、証拠不充分で釈放となります。しかし、蒋介石政権の圧迫、勤務先に対する賄賂の要求などが強まり、会社に迷惑を掛けられぬとこの日系ミシン会社を自ら退職します。

  その後、台暉貿易会社を設立し、昭和55年に台中の東海大学に53才で入学し、企業管理を学びます。これにより、パスポート取得の資格が得ることが出来、昭和59年渡米して枝豆、ブラックタイガーの市場開拓などに従事します。ロッキー青木氏と会ったのはこの時との事です。

  昭和60年、当時、緑島に政治犯として収監されていた施明徳が抗議のハンガーストライキを決行します。ロスアンジェルスに滞在していた許昭榮さんは、この、施明徳支援デモに参加します。この時の影像に映っている許昭榮さんの隣の米国人女性は施明徳氏の奥さんです。

  この許昭榮さんの活動を中華民国駐米代表部の特務機関は発見して、許昭榮さんが持っていた、パスポートを無効にします。

  許昭榮さんは無国籍となったので、日本のロスアンジェルス総領事館に保護を求めますが、拒否されます。500ドルで日系人から譲って貰った中古車で米大陸を横断し、ワシントンDCの日本大使館に保護を求めますが、ここでも拒否されます。

  当時亡命していた彭明敏博士と会い、彼の助言でカナダに向かいます。カナダ政府は政治難民として即座に受入れてくれました。カナダでは、日系の水産会社に就職することが出来ました。

  難民として、カナダでの生活は安定しましたが、脳裏をから離れないのは山東省長山島で僚艦の誤射により戦死した親友の事でした。カナダ政府が難民旅券を発行してくれたので、この旅券で支那大陸山東省を訪問し、親友の遺骨を探し当てます。そして、大陸残留の台湾老兵の現地調査を開始します。

  平成4年、李登輝総統の民主化の成功により、ブラックリストが解除され、台湾に帰国します。

  帰国して、カナダ在住の時から、大陸に残され、台湾に帰国できない台湾老兵の帰国支援、大陸の遺骨捜索、大陸の家族の支援などに取り組みます。

  同時に高雄市旗津での台湾無名戦士記念碑の建立運動そして戦争と平和紀念公園の設立運動に取り組みます。

  しかし、平成19年11月、高雄市議会で親民党の高雄市議会議員王齢嬌などの発議で、同公園を「平和紀念公園」と改称し、同時に823砲戦戦勝記念碑を建てるとの決議が圧倒的多数で通過しました。

  許昭榮さんは、これでは、台湾老兵を含む戦争と平和紀念公園としての意義がなくなると、この決議を覆すべく、市当局、市議会と交渉、抗議運動を行いましたが、高雄市議会、高雄市政府は耳を貸さず、遂に5月20日抗議の焼身自決を決行しました。

  許昭榮さんの抗議焼身自決は、国民党に洗脳された台湾人が、今度は自分が台湾人の若い世代に洗脳教育を行っている事に対する抗議だったと思います。

  民進党や陳水扁前総統に対する批判もあったでしょうが、台湾人の現状に対する警鐘のメッセージだったと考えています。
文責 石戸谷 慎吉
                     
                 皇紀2668年 平成20年7月6日
             (西暦 2008年)

1 則留言:

Nao atjp 提到...

不勉強で台湾語が書けないので、日本語で失礼します。(長文失礼致します)
日本では戦後、蔣介石が「以徳報怨」と言っていて、それは「『徳を以って、怨念で返さない』という意味だ」と宣伝されていたようです。私は、其れを知らないで見た時には、「台湾人の先輩方の徳に以ってして、怨念で報いた」という意味かと思いました。そちらの方が内容的には正しい解釈のようすね。

日本人も戦後、GHQ統治と大勢の不逞鮮人や不逞中華人と一部の不逞台湾人によって、弾圧と迫害が酷い状況に置かれ続けて来ました。GHQの報道弾圧で、台湾情報も朝鮮情報も大陸中華情報もそれぞれに都合が悪い事を報道しない事とされていて、日本人餓死者の事や日本の爆撃被害の事も殆ど報道されませんでした。台湾系の先輩が「あの戦争は勝たなくてはならなかった。負けた事が間違いだった」と仰ってらした事が有りますが、結果として正に其の通りだったと思われます。

戦後20年経ってもまだ、日本では平均1日2食が回って居ない状況でした。当時の日本人の笑い話は、台湾バナナがとても高級な果物で、親が子供の栄養不足を補うのに無理して1本だけ買ってあげたりしていた事です。そんな中、年金・給料・郵便貯金の事で、日本人に影で襲撃を掛けていた若者達を見掛けました。彼等に、「日本は戦後復興がまだまだなので、少し状況を見て加減して欲しい」「日本人から奪った分は、先輩に届けて欲しい」などと言って見ましたが、無視されてしまいました。そこで、日本社会の上層部を牛耳っていた朝鮮人に言って見たら、「俺達の取り分が減る」との即答。日本上層部の不逞鮮人達は、1972年の台湾と日本との国交断絶による毛沢東覇権確立にも日本国内で貢献しました。彼等はその後もずっと日本人から強奪搾取していた様ですが、1992年頃に初めて日本からの支払いが有ったとの事、とても心が痛みます。大勢の先輩方の御存命中に、御力になれなかった事がとても悔やまれます。

日本に居る台湾人の後輩達に、大日本帝国時代の台湾人の先輩方は、半端じゃない環境変化の中で、人間として最大限出来る限りの努力をなさった方達で、人類の世界遺産として登録され評価されてもいい程の忍耐と努力をなさって来られたんだ、と言っても、先輩方の集会に若者を見掛けなかったけれどなぜか?と聞いても、なんだか感覚的に解らないのか、殆ど通じません。戦後GHQが提示した人生謀略ゲームに凝ってしまった若者達が社会の上層部に就いていて、日本人迫害が酷く暗殺も少なくなく、善意や誠意が通じ難くなってしまって居ます。
先輩方の心からの善良で真摯な努力とその結果を、出来る限り多く台湾人の後輩達に受継いでいって欲しい、それが先輩方の努力を無為にしない事で、それぞれの歴史をつなげて行く事だからと、彼等に言い続けてみて居ます。

今年、台湾の台南戦争と平和紀念公園・台中宝覚寺などに慰霊に参りたいと計画を立てて見たのですが、予定が付かず現在に到り失礼しています。
日本統治の前に清からの移民として大勢台湾に流入した所から、台湾人の先輩方の激動の時代となり、その間の短期間での急激な変化の連続と、与えられた環境と状況の中での忍耐と努力は、他に類を見ない程、人間として最大限のものであったと私は思っております。其の事をもっと広く認識して貰う事が出来ればと、時ある毎に言ってみたりしています。

日本国内にも「台湾人戦没者慰霊碑」が、東京・奥多摩町の小河内ダム(奥多摩湖)峰谷右岸に建てられています。台湾人慰霊碑は昭和50(1975)年、蕃刀を象った慰霊塔は昭和53(1978)年の建立だそうです。
私も、日本の所処かに台湾人の先輩の慰霊碑があるはずだと思い、探し続け、最近やっと見付かりました。ネットでも台湾人の後輩達に届く様に願いながら投稿しましたが、何人位訪問されたでしょうか。現在は年配の先輩方だけで維持なさっているとの事、ぜひ後輩達が維持管理を受け継いで行って欲しいものです。こちらの方は、行く機会が出来そうなので、訪問したく思っております。

日本ではずっと日本人への暗殺が酷く、戦災の結果も有って日本人が激減しており、戦後20年程の頃には「関東大震災時には不逞鮮人の暴行に応戦出来たけれど、戦後は日本男児が減り過ぎて対処出来なくなってしまった」と日本人の先輩が言ってらした様に、日本人の善良な采配が振えない状況が続き、善良な活動が困難な状況が続いております。
せめて台湾では、先輩方の善良で真摯な努力が実り、後輩方が善良な社会作りに更なる努力を重ね続けてくれる事を祈ります。